【初心者向け】ゴルフのアイアンの役割や選び方

アイアンは狙った距離を飛ばすことができるクラブで、グリーンに運んでいく役割で使用されます。

 

また距離を打ち分けるのが主な用途で、飛距離により1〜3番アイアンをロングアイアン・4〜6番アイアンをミドルアイアン・7〜9番アイアンをショートアイアンと分類します。

 

  • 1〜3番アイアン ロングアイアン
  • 4〜6番アイアン ミドルアイアン
  • 7〜9番アイアン ショートアイアン

 

ちなみに飛距離の目安としては、ロングアイアンなら200ヤードから130ヤード、ミドルアイアンなら170ヤードから100ヤード、ショートアイアンなら140ヤードから70ヤードです。

 

その他にピッチングウェッジ・サンドウエッジ・アプローチウエッジの3種類もアイアンの仲間で、ピッチングウェッジはグリーンにボールを寄せる役割があります。

 

サンドウエッジは主にバンカーからボールを出す役割があって、アプローチウエッジはボールを上げたり転がしたりする柔軟な役割のあるクラブです。

 

自分にピッタリのアイアンを選ぶ方法としては、アイアンに対して何を望むかで決まります。

 

例えば、今よりも飛距離アップできるアイアン、ダフリやスライスなどミスを減らすためのアイアン、他のクラブとのマッチングなどがあります。

 

これらの点を重視して自分にピッタリのアイアンを選ぶのも大事ですが、スコアに直結することも大切なことなので、正しく使いこなせることを考えることも必要です。

 

それからアイアンのヘッド形状も種類がありますし、以前と違ってシャフトの種類も選べるようになっているので、ヘッド形状やシャフトの種類からアイアンを選ぶのもひとつの選択肢です。

 

トップページへもどる