【初心者向け】ゴルフのフェアウェイウッドの役割や選び方

少し前までフェアウェイウッドの役割としては、ドライバーの弟分的なところがあってドライバー同様に飛ばす役割を担っていた部分もありました。

 

しかし、ショートウッドの登場などが影響しているのか、ドライバーよりアイアンに近い存在に変化しています。また、人によりますがアイアンよりもやさしいといった流れから、セカンドショットでピンを狙う目的で使用されるように役割も変わってきています。

 

攻めのゴルフにフェアウェイウッドは必要不可欠といった声も聞かれるほど、重要な役割を果たす存在になってきています。その為、アイアンよりウッドの本数が多い方もいてアイアンセットに対してウッドセットとも言えるくらいです。

 

ただ初心者の方の中には、特別フェアウェイウッドに関心がないことから、万年同じフェアウェイウッドがキャディバッグに入れていることも少なくないです。

 

しかし今はあまり興味がない初心者の方であっても、フェアウェイウッドを本当の意味で手に入れることにより、ゴルフの内容が一変することもあるで、いろいろな点に注意してお気に入りを選んでみるのも良いです。

 

フェアウェイウッドを使用するにあたっては、コントロールしてグリーンオンを狙いたいものですから、方向性と飛距離を重視して選びたいものです。方向性重視する場合には、慣性モーメントが大きい・重心角が大きい・重心距離が長いフェアウェイウッドを選ぶと良いです。

 

また飛距離アップでは、重心の高さや重心角を考えて選ぶ必要があります。それからヘッドの素材の違いやシャフトの違いについてある程度知ることで、自分にピッタリのフェアウェイウッドを探せます。

 

トップページへもどる